ワードプレスでデジタルコンテンツ(PDF / 画像)を販売する場合のプラグイン最適解

ワードプレスで、デジタルコンテンツを「ダウンロード販売したい」というお問い合わせが増えてきた。
●単純にネットショップとして運営する場合にはwelcartプラグインがオススメだし
●有料会員として会員制限を掛けるならSimpleMembershipプラグインがオススメだ。

ただ、上記2つはいずれも、「ショップサイト」「会員サイト」など、完全に「特化」した作りになってしまう。
そうじゃなくて、普通のブログ記事の中に時折り「ダウンロード販売(例:300円)」みたいなボタンをポチっと追加したい、という場合。

いつくかプラグインを試して、自分なりに最適解はたぶん「コレかな?」というのを絞り込んだのでランキング形式で、その理由も含めてご紹介。

細かく言えば、制作者の力量や、商品単価、購買層などで使い分けるべき、という結論なのだが、ざっくりいうと、

「数百円くらいの安価なものであればとりあえずcodoc」
「1コンテンツが1~2万円以上の比較的高単価ものであればSimple PayやEasy Digital Downloadsプラグイン」

という感じで区分した方がいいかなという感じ。

【オススメ1位】codoc

オススメファイル形式 PDF、画像、ZIP
総評 色々試した結果、とにかく簡単で、シンプルに、かつ「無難に、そして無料」(←これ重要)で済ませるには「codoc」でページの閲覧制限をかけるのが一番いい。
販売単価や量にもよるが、数百円~1000円くらいのものであれば、ライトユーザはcodocにしておくのが無難(ある程度機能もそろってるし、ランニングコストもかからないし、設定も簡単なので)。

色々試してみた結果、結局「ベスト」なものは見つからなかった。後述するが、

・「paypal」を使用するプラグインは「paypal会員を強制」だったり
・「Stripeはシンプルで便利だが別途有料のpro版(しかも買い切りではなく毎年のサブスク)」だったり

なので、会員登録を強制せず(選択できる)、かつ無料で使える、そして設定も使い方も簡単。となると、総合的にcodocが最もオススメ、という結論になりました。

手順も

①codocに登録
②プラグインをインストールして「①」と連結
③記事を書くだけ。

これだけで出来る。難しい手間はほとんどない。ただし「ダウンロード販売」というよりは「記事の閲覧に制限をかける」というニュアンスに近い。
つまり課金をしたらページ全部が閲覧できる(orメールでそのページが送られてくる)ので、デジタルコンテンツはその中で公開する。特にPDFとかの単純な資料なら、codoc一択でいいと思う

codocの使い方解説はこちら

 

※[ダウンロードボタン]を設置したい場合

どうしても「ダウンロードボタン」という形で欲しい場合は、Download Monitorプラグインなどを使って、それをcodocの課金ページ内に設置すればいいのかと思います。

【オススメ2位】Simple Pay(決済システムはStripe)

[購入(Stripe)]⇒リンク先へ飛ばすだけ
⇒これは2回目以降も見たいorダウンロードしたい場合、その都度支払いが発生するので適さない(解決するには有料プラグイン)

オススメファイル形式 ZIPのみ(PDFやjpegなどは適さない
総評 いわゆる「ダウンロードボタン」を設置できる。クレジット決済はStripe。ただし、決済すると、ダウンロードページ(あるいはPDFならPDFのURL)へリダイレクトされる、というだけなので1回しかページを表示できない。会員登録を要求しないため、次にもう一度開くには、もう一度課金しなければいけなくなる。もちろん、購入のメールも来ないので①のようにメールでファイルを確認とかもできない。

総評のとおり、ダウンロードボタンが設置できて、クレジット決済ができる。なので、いわゆる一般的な「ダウンロード販売」は実装できる。が

●会員登録を要求しないため、次にもう一度開くには、もう一度課金しなければいけなくなる。

これがとにかく、機能としては物足りない。つまり、会員登録を要求しないため、決済した時の1度しか開けない(決済をすると、指定したダウンロードページにリダイレクトされるという仕組み)。もちろん、購入のメールも来ないので①のようにメールでファイルを確認とかもできない。そのような「物足りない」部分を補完するためには、拡張機能として用意されているStripe Pro Payment Gateway(有料)を購入するしかないようだ。(1サイト約1万円)。しかもどうやら、買い切りではなく、毎年のサブスクのようなので、ある程度単価の高い、かつ、ある程度コンテンツが充実したサイト向けか。(ただ、そうなってくると「welcartで専門サイト作った方がいいんじゃね?」っていう気がしてくる。)

【オススメ3位】Easy Digital Downloadsプラグイン(決済システムは無料ならPaypal。Stripeは有料プラグインが必要)

オススメファイル形式 PDF、画像、ZIPなど、なんでもOK
総評 その名の通り、デジタルコンテンツをダウンロードさせるためのプラグイン。決済システムは無料ならpaypal。ただし、paypalへの会員登録が強制される。(Stripeも使えるし、Stripeの方が決済はシンプルだが、別途有料のプラグインが必要。しかも買い切りではなくサブスク)。

意外や意外、個人的にはこれが最下位。
ネットで「ワードプレス ダウンロード販売」で検索すると多分「Easy Digital Downloads」が一番多くヒットする。ただし、個人的に使ってみた感想としては、正直、これを使うんだったら、welcartで、オンラインショップに特化した方がいい。

▼メリット

●設定は比較的簡単
●クレジット決済はpaypal。無料で使える

▼デメリット

×paypal決済なのでpaypalの会員に強制的にならないといけない(これならwelcartでいい)
×paypalの会員になっても、サイトの会員ではないので(ログイン機能がないので)名前とか住所とか毎回入れないといけない(=常連になればなるほど億劫)⇒結果、これならwelcartでいい
×Stripeなら、シンプルにクレジット決済できるが、別途有料のpro版(しかも買い切りではなくサブスク)を購入しなければいけない

ということで、Easy Digital Downloadsは「ちょっと1つか2つ」追加する程度ならものすごくオススメだが、ある程度販売コンテンツを増やすのを想定しているなら(少なくとも3つ以上存在するなら)別のプラグインを検討するのがオススメかなと。

↓毎回これ、入力しなければいけないっぽい

 

    コメントを残す