「jp」ドメインを移行する手順(さくらインターネット⇒さくらインターネット)

gTLDドメイン(=地理的制限なしのドメイン。いわゆる「.com/.net/.org/.info/.biz」など)
をA氏(社)からB氏(社)へ管理を移行するときは「オースコード」が発行されます。

が、「jp」ドメイン(日本国内でしか使えない)はオースコードは必要ありません。
JPドメイン転出手順(さくらインターネットから他社へ)

で、転出先が「さくらインターネット以外」の場合は上記リンクのとおり説明があるのですが
「A氏のさくらインターネットから、B氏さくらインターネットへ」など
契約者同志がさくらインターネットの場合の説明をしておきますね。

 


 

【1】まず譲渡元が、「契約サービスの譲渡」手続きを行う

<1-1>手続きに必要な情報を事前にメモしましょう

①さくらインターネットログイン
https://secure.sakura.ad.jp/menu/

②契約情報>契約ドメインの確認


③ここに記載されている情報(特にサービスコード)をメモ帳とかに貼りつけておいてください
サービス名称:汎用JPドメイン
サービスコード:数桁の数字
ドメイン名:なんちゃらjp

ここまでが準備。

 

<1-2>では実際の譲渡手続き申請

①さくらインターネットログイン
https://secure.sakura.ad.jp/menu/

②「サポート」⇒「メールでのお問い合わせ」⇒「同意する」

③※添付ご参照
●サービス名称   :ドメイン取得
●お問い合わせの種類:【譲渡元】契約サービスの譲渡

④お問い合わせの内容

サービスコード
⇒<1-1>③のサービスコード

サービス名称
⇒汎用JPドメイン(<1-1>③ご参照)

ドメイン名
⇒なんちゃら.jp(⇒<1-1>③のドメイン)

◆ 譲り受ける方(新しい契約者様)の情報 ◆
———————————————————
相手の名前

 

◆ サービスを譲渡する理由 ◆
———————————————————
(※)例:HPリニューアル

◆ 譲渡元様と譲渡先様の間柄 ◆
———————————————————
(※)例:web制作
***********************************************

 

【2】1週間程度で、A氏に2通メールが届く。

⇒1通を譲渡先であるB氏に転送
【1】が完了すると、1週間ほどで、A氏に2通メールが届きます。
1通はA氏保管用、もう1通は譲渡先B氏への転送用。
その「転送用」とタイトルのついたメールをB氏に転送

 

【3】B氏はメールを受け取ったら譲渡手続き開始

A氏から転送されたメールに、譲渡内容や手続き番号が記されています。
メールの指示に従って手続きを開始。
詳細はこちら
https://help.sakura.ad.jp/hc/ja/articles/206057602

 

【4】両氏に完了メールが届く

後はB氏に、さくらインターネットから連絡メールが来て
(場合によっては本人確認など提出もありますが、まあたいしたことないです)
 その後、3日ほどで手続きが完了。(完了の際もメルがきます。)
全て完了すれば、A、B両氏に完了メールが届きます

 

【5】ドメイン設定をしたら名実ともに完了

「4」ではあくまで権利が移っただけで、HPなどはまだ切り替わっていません。
 あとはB氏が、さくらインターネットの会員画面からドメイン設定を行ったタイミングで
 名実ともに、新サーバへの切り替えが完了です。

 ドメイン設定は
 
①さくらインターネットログイン
https://secure.sakura.ad.jp/menu/

②契約情報⇒(該当サーバの)「サーバ設定」

③ドメイン設定です。

詳細はこちら