【超簡単】eclipseでkotlinを使えるようにやってみた(win10)

世界で最も使われているプログラミング言語java。
その後継言語であるkotlin。

Androidのアプリ開発などでは公式言語になっているので、もう爆発的に浸透しています。

てことで、さすがにkotlinを勉強しておかないとと思い
eclipseで使えるようにセッティングしてみました。(ちなみにwindows10)

と言っても、結論から言うと
「Kotlin Plugin for Eclipse」
つープラグインを入れるだけなのですが。。。w
(所要時間4~5分)

1)eclipseを起動

[Help]⇒[Eclipse Marketplace]

 

2)「kotlin」で検索⇒「install」

 

3)ライセンスに同意(agreements)⇒finish

 

4)警告文が出るので「Install anyway」をクリック

要約:「ホンマにこれ、使うんけ?」⇒「使うつってんだろ」

 

5)eclipseを再起動すれば完了

 

※補足:ホンマに追加されたか確認

[File]⇒[New]⇒[Others]と推移

 

[kotlin]が入っているのを確認できます

 

最後に、kotlinでプログラミングを書いてみよう

ってことで、最後に本当に動くか

プロジェクトを作って、お決まりの「Hello World」を入力してやってみましょう。

1)プロジェクトを作る

[File]⇒[New]⇒[Project]

 

2)[Kotlin Project] ⇒ [Next]

 

3)適当なプロジェクト名を付けて[Finish]

 

追加されました

 

4)classを作る

[File]⇒ [New]⇒ [Others]

 

5)[Kotlin Class] ⇒ [Next]

 

 

6)名前を付けて[Finish]

 

7)できました!

ちゃんと拡張子が「kt」になってるのが確認できます。

 

ここに、お決まりのプログラミング「Hello World」を表示させてみましょう。

このように記述します

(ちなみに「fun」とは「function」のことです。)

fun main(args: Array<String>){
	println("Hello World")
}

 

あとは実行するだけ

 

無事表示されました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です