【vimeo】動画を特定ドメインでのみ表示(再生)可能にする設定

世の中youtube真っ盛りですが、

実は水面下でvimeoという動画サイトも人気を博しています。

「水面下」というのもポイントで、

世の中、全部が全部youtubeのように不特定多数に公開したい動画ばかりじゃないわけです。

もちろんyoutubeにも「限定公開」という機能はありますが、

URLがバレてしまえば、いくらでも他人に見られてしまいます。

 

社内研修用の動画や、Eラーニングの有料会員向けの動画コンテンツプレミアム会員向け特典映像などは、「その人だけ」が見れるから価値があるわけで、絶対に「裏口」「抜け穴」があってはならない訳です。

とにかく厳重にプライベート設定を確保しなければいけません。

(無料会員、有料会員、プレミアム会員、パスワードを持っている人などなど)

そういった「オープンにしない」「ある一定の条件下でのみ閲覧」できる、プライベートな動画はvimeoが便利ともっぱらの評判です。

ドメイン指定することで、特定のドメイン内でしか動画が再生できない、というのは

Eラーニングや会員向けサイト等には、かなり使い勝手のいい機能で好評のようです。

 

それではその(特定ドメインで再生)設定方法です。(※vimeoのproもしくはBussines会員になる必要あり

1.動画の管理⇒自分の動画

 

適当な動画をクリック

 

2.一般設定>プライバシー

一般設定の少し下にスクロールすると「プライバシー」という項目があります。

そこで

「①この動画をvimeoで非公開にする」にして(vimeoですら誰からも見られない)

「②どこに動画の埋め込みを許可しますか」で、ご自分のサイトドメインを設定しましょう。(+ボタンで複数設定可能)

 

基本的には以上です。

 

3.動画内に投稿アカウントやタイトル表示も非表示にできる

さあ、以上でOK!かと思いきや、

微妙に気になる表示があるので、調整しましょう。

再生動画を見ると、色々余計なものが表示されています

●左上には、投稿者のプロフィールとか、ニコちゃんマークの画像
●右上には、シェアボタンとかの機能
●右下にはvimeoのロゴ

 

これらを調整しましょう。

 

[埋め込み] > [あなたの詳細] 内に

プロフィール画像や投稿者(アカウント名)などのチェックボタンがあります。

すべて外してしまいましょう。

その下に「vimeoのロゴを表示する」というのもあるので

それも外してしまえば完璧です。

 

 

ドメイン指定ができれば、あとはそのサイト内で

会員制サイトにして動画を埋め込んでしまえば、

ご自分のサイトで有料会員向けのEラーニングサイトなども完璧ですね。