【VideoStudio】オーバーラップしたファッファがいっぱいになったときに、内部エラーが発生しました、の対処法

VideoStudio(2018)を動画ファイルに書き込む作業をしているとき。

このような表示が発生しました。

 

はあ?

 

何から何まで言っていることが不明。

とりあえず「ファッファ」とやらをググってみたけど、出てくる結果は「バッファ」ばかり。

ということで、意味はわからないまま、「要するに怪しいファイル」を特定することにした。

 

原因は、どうやら「音声をいじって、かつ速度を変えた」こと

色々いじっていると、「ある法則」がわかりました。

①動画の音声をいじっている(オーディオフィルター)
②かつ、同じファイルの速度を変えている

というものです。つまり同一ファイルの「音声」に対して、複数のエフェクトをかけていると、このように「ファッファ」とやらのエラー表示が出るっぽい。(自分調べ)

 

▼自分の場合

①動画音声に「オーディオフィルター」で声を変調していた

 

②さらに同じ動画ファイルの速度を変更(800)にしていた

 

余談ですが、VideoStudioは、音声ファイルをイジると、微妙にエラーっぽい症状が出ることが多いです。例えば、
[1]音量を変えて、[2]細かくカット
みたいなことをすると、ところどころでノイズが入る、といった具合。(これらも含め、解決編は下記)

 

 

対処法

ファイルをイジったらエラーが出るので、

イジった状態の動画を個別に作り、それを「ノーマル」として差し替えればOK。

①まずは、該当の「音声を色々いじっているファイル」をライブラリにドラッグ&ドロップ

 

②新規作成で、先ほどのファイルを入れる

 

③そのまま動画ファイル(差し替え用)をつくっちゃいましょう

 

④最後に「③」を最初のファイルと差し替えれば完了です

 

これで、イジったファイルは消えて、ノーマル状態ばかりのファイルになりました。

 

※VideoStudioは、音声をイジったらエラーやノイズが出ることが多いです。

なので、今回のエラー以外にも「勝手にノイズが入ってる」といった場合も同様に

個別ファイルを作って、差し替えれば正常に戻ると思います。