【SenseiLMSの小テスト】「進捗状況をリセット」を上手く利用して、100点取れるまで何度も差し戻す方法の考察

動画解説


 

テキスト解説

WorPressで簡単に学習管理LMS(eラーニング/オンライン学習講座)が作れるプラグイン

「Sensei LMS」

 

レッスンページ内で「小テスト」を作ることが出来るのですが、

①一度だけ受けることが出来る(不正解の場合、正解とか解説が表示される

②自分でリセットして何度でも受けられる(不正解の場合、どれが不正解だったか表示されない

2つの形式が選べます。

 

①の場合、メリットとデメリット

①の場合一度しか受けられないけど、解答解説を表示することが出来る。

ただしここで問題が。

2回目以降、同じテストが受けられない。

 

②の場合、メリットとデメリット

①で「再テスト」が受けられないなら、「再受験を許可」すればいいじゃん、って流れになるよね、普通。

 

これで「リセット」ボタンが表示されて、めでたしめでたし、かと思いきや。

 

今度は、解答しても、どれが正解でどれが不正解かがわからない。

 

これじゃあ、どれが正解で、どれが不正解かわからない。

 

これを何とか解決しよう、ってことで受講者の「進捗状況をリセット」(いわゆる「差し戻し」)って機能を使っていこう。

 

受講者の「進捗状況をリセット」して、再度テストが受けられるようにする方法

それでは本題の解説をしていきます。

 

1)「再受験を許可」のチェックをはずします

つまり「1度しか受けられない」ようにします。

 

これで受講者は、解答後、正解・不正解の解答解説を得ることができますよね。

 

2)再試験を受けたい場合は、受講者が管理者に連絡⇒「進捗状況をリセット」

SenseiLMS⇒受講者管理⇒該当コース

 

レッスン⇒学習者を管理

 

該当受講者の「進捗状況をリセット」

 

これで、再度、受講者はテストが受けられるようになりました。

 

課題と、その他代替案

上記方法で、「解答解説は得られる」し「再受験も可能」になりました。

しかし、管理者の手間が1つ増えることになりますし、

受講者もわざわざ報告しなければいけません。

教室など、生徒と先生が同じ空間にいる場合は、口頭で伝えればすぐに解決できますが、

ネットだけで完結したい場合は、「講師に連絡する」機能や、メールなど、別の手段も併用しなければいけなくなります。

そうなってくるとやはり、「再受験を許可」の機能を使った方が便利かもしれません。

 

この時、当初の問題であります「どれを間違ったかわからない」という課題が再燃します。

対処法としては「出題数じたいを1問(あるいは多くて2問)」にしましょう。

そうすれば、間違ったところは「1問(全部間違っても2問)」だとわかります。

 

あるいは、「最初の方のレッスンは【再受験を許可】にチェック」して、受講生に自由に何度も解いてもらい、

最後のレッスン(まとめ)だけは、許可のチェックをはずして、管理者が解除しないと再受験できなくすれば

まとめのレッスンらしくなるので、重みも増していいかもしれません。

 

こんな感じで、使い分けしてみてはいかがでしょうか。