【はじめてのKotlinプログラミング(9)】if文(値がなかった場合の条件分岐)と、Toast(文字をふわっと表示)

前回のお名前アプリ
入力した値を、次の画面へ渡す、ということが出来ました。

今回は、
何も入力されなかった場合、
このようにメッセージを表示させるような条件分岐をしてみましょう。

第4回目の計算アプリでやったことの復習になるんですが、
ifを使います。
もし値がなかった場合、それ以外、という風に分けてあげて
値がなかった場合は
トーストでふわっと文字を表示させる。
それ以外の時には、intentで次の画面へ、という風にさせてあげましょう。

 

動画

 

コード

▼activity_main.xml

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<androidx.constraintlayout.widget.ConstraintLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    xmlns:app="http://schemas.android.com/apk/res-auto"
    xmlns:tools="http://schemas.android.com/tools"
    android:layout_width="match_parent"
    android:layout_height="match_parent"
    tools:context=".MainActivity">


    <EditText
        android:id="@+id/et"
        android:layout_width="wrap_content"
        android:layout_height="wrap_content"
        android:layout_marginTop="32dp"
        android:ems="10"
        android:inputType="textPersonName"
        android:hint="Name"
        app:layout_constraintEnd_toEndOf="parent"
        app:layout_constraintStart_toStartOf="parent"
        app:layout_constraintTop_toTopOf="parent" />

    <Button
        android:id="@+id/btnStart"
        android:layout_width="wrap_content"
        android:layout_height="wrap_content"
        android:layout_marginTop="32dp"
        android:text="start"
        app:layout_constraintEnd_toEndOf="parent"
        app:layout_constraintStart_toStartOf="parent"
        app:layout_constraintTop_toBottomOf="@+id/et" />
</androidx.constraintlayout.widget.ConstraintLayout>

 

▼MainActivity.kt

package com.example.onamaeapp

import android.content.Intent
import androidx.appcompat.app.AppCompatActivity
import android.os.Bundle
import android.widget.Button
import android.widget.EditText
import android.widget.Toast
import androidx.appcompat.app.AlertDialog

class MainActivity : AppCompatActivity() {
    override fun onCreate(savedInstanceState: Bundle?) {
        super.onCreate(savedInstanceState)
        setContentView(R.layout.activity_main)

        val et:EditText =findViewById(R.id.et)
        val btnStart: Button = findViewById(R.id.btnStart)

        //1)画面遷移
        btnStart.setOnClickListener {
            //5)条件分岐
            if(et.text.toString()==("")){
                //(5-1)トースト
                Toast.makeText(this,"何か書いて",Toast.LENGTH_LONG).show()

            }else{
                val intent = Intent(this,SecondActivity::class.java)

                //2)値を渡す
                intent.putExtra("MY_NAME",et.text.toString())

                startActivity(intent)
            }


        }
    }
}

 

▼activity_second.xml

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<androidx.constraintlayout.widget.ConstraintLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    xmlns:app="http://schemas.android.com/apk/res-auto"
    xmlns:tools="http://schemas.android.com/tools"
    android:layout_width="match_parent"
    android:layout_height="match_parent"
    tools:context=".SecondActivity">

    <TextView
        android:id="@+id/textView"
        android:layout_width="wrap_content"
        android:layout_height="wrap_content"
        android:layout_marginTop="32dp"
        android:text="こんにちは"
        app:layout_constraintEnd_toEndOf="parent"
        app:layout_constraintStart_toStartOf="parent"
        app:layout_constraintTop_toTopOf="parent" />

    <TextView
        android:id="@+id/tvName"
        android:layout_width="wrap_content"
        android:layout_height="wrap_content"
        android:layout_marginTop="32dp"
        android:text="●●さん"
        android:textSize="34sp"
        app:layout_constraintEnd_toEndOf="parent"
        app:layout_constraintStart_toStartOf="parent"
        app:layout_constraintTop_toBottomOf="@+id/textView" />

    <Button
        android:id="@+id/btnBack"
        android:layout_width="wrap_content"
        android:layout_height="wrap_content"
        android:text="戻る"
        app:layout_constraintBottom_toBottomOf="parent"
        app:layout_constraintEnd_toEndOf="parent"
        app:layout_constraintStart_toStartOf="parent"
        app:layout_constraintTop_toBottomOf="@+id/tvName" />
</androidx.constraintlayout.widget.ConstraintLayout>

 

▼SecondActivity.kt

package com.example.onamaeapp

import android.annotation.SuppressLint
import androidx.appcompat.app.AppCompatActivity
import android.os.Bundle
import android.widget.Button
import android.widget.TextView

class SecondActivity : AppCompatActivity() {
    @SuppressLint("SetTextI18n")
    override fun onCreate(savedInstanceState: Bundle?) {
        super.onCreate(savedInstanceState)
        setContentView(R.layout.activity_second)

        val tvName :TextView = findViewById(R.id.tvName)
        val btnBack:Button = findViewById(R.id.btnBack)

        // 3)渡された値を取り出す⇒テキストに表示
        val myName =intent.getStringExtra("MY_NAME")
        tvName.text =myName + "さん"

        //4)戻るボタン
        btnBack.setOnClickListener{
            finish()
        }
    }
}

 

 

テキスト

MainActivity.ktを開いてください。
条件を分岐するのは
スタートボタンをクリックしたときなので
setOnClickListenerの下に書いていきます。

//5)条件分岐
if(条件){
 //当てはまる時
 }else{
 //それ以外
}

となります。
で、それ以外、つまり
入力されていた場合は、次の画面へ行けばいいので
前回までのコードをごっそり入れてください。

 

        //1)画面遷移
        btnStart.setOnClickListener {

            //5)条件分岐
            if(条件){
                //当てはまる時
            }else{
                val intent = Intent(this,SecondActivity::class.java)

                //2)値を渡す
                intent.putExtra("MY_NAME",et.text.toString())
                startActivity(intent)
            }

 

それでは条件の中身、つまり「入力がなかった時」を書いていきましょう。
etのテキストをまずはString型に変更して、
編集型から文字型にしてあげます。

これが空欄と等しい場合、ということなので
.equals(“”)
ですね。
“”が空欄なので
空欄と等しい、という意味になります。

 

で、第4回目の時に、
文字の場合は、文字で.equalsって書きます、って言ったんですが
javaまではそうだったんですが
kotlinでは文字も数字も、==で書いてOKという風になったようです。

 

なので、今回はせっかくなので==で書いてみましょう。
これで、エディットテキストの中の文字が
空欄と等しい場合、というのが出来ました。

あとは、空欄だった場合
トーストで、ふわっとメッセージを表示させてあげましょう。

 

Toast.makeText(this,"何か書いて",Toast.LENGTH_LONG).show()

 

これももう決まり文句なので、一言一句覚えるというより、
検索したらひな形が出てきますので、必要なところだけ自分なりに書き換える、
というようなやり方でOKです。

以上で完成なので、
エミュレータを起動して確認してみましょう。

 

おまけ

もしまだ余裕のある方は、アラートダイアログも表示させてみましょう。

 

AlertDialog.Builder(this)
                        .setTitle("ERROR!")
                        .setMessage("数字を入力してください")
                        .setPositiveButton("OK",null)
                        .show()

    コメントを残す