メールエラー「reason: 554 delivery error」を、自分はこうして解決した

問い合わせしてきた人のメールアドレスが間違ってるやん!

「HPや、ネットショップを運営している人あるある」だと思います。
実は今日も、とある方からお問い合わせフォームからメッセージをいただいたのですが
返信が出来ない。

バックメールが届きました

▼タイトル
Mail Delivery Subsystem <MAILER-DAEMON>
(自動で返信されるエラーの時の定型文)

▼本文(一部抜粋)
The following addresses had permanent fatal errors
—– <***********@yahoo.co.jp>
reason: 554 delivery error: dd This user doesn’t have a yahoo.co.jp account

 

訳:下記メールアドレスは現在使われておりません
—– <***********@yahoo.co.jp>
理由番号554:このユーザはyahooアカウントを持っていません

 

ってことなんですわ。

問い合わせフォームで自分のメールアドレスを入力する際、

どこかしら誤って入力したのでしょう。

 

早速結論を言いますが、

「送信者の名前からメールアドレスを推測して、正解にたどり着きましょう!」

 

なんか探偵ごっこの臭いプンプンですが、

意外とこれが使えます。

実際、過去何度か経験していますが、全てこの方法で乗り越えました

(てかそんなに何度も経験してるなら、メールアドレスを2回入力させるなど、対応しろよって話ですが・・・。)

 

話を戻しまして。

例えば「山本さん」って人から問い合わせがあったとして

メールアドレスが「yamamot@~」で送れなかったとします。

どう考えても「yamamoto」ですよね。

田中さんって人からのメールが「tanka@~」で送れなかったとします。

どう考えても「tanaka」ですよね。

 

入力ミスなんて、だいたいこんなもんですよ。

 

この記事も、どこかの誰かの為になれ。