予約プラグインを使って、合同説明会の各社(各校)個別面談予約フォームを作ってみた

完成イメージはこういうやつです。

▼希望の会社(学校)をクリックすると

▼該当の企業の面談受付可能時間が表示される
(左はプラグイン「MTS Simple Booking-C」、右はプラグイン「Online Lesson Booking」を使った場合の受付画面)

 

目的

企業説明会、学校説明会など
世の中さまざまな『合同説明会』がありますが。

コロナの影響で仕様変更が余儀なくされています。
zoomなど、オンラインでの開催がもっぱら盛況ですが、
小~中規模なら対面式ならではのメリットもあるわけです。

そこで、30社(30校)程度の、個別のオンライン申し込みフォームを想定して実装してみました。

 

■使用プラグイン

今回使用して実験してみたのは下記2つ。メリット・デメリットをまとめてみました

プラグイン MTS Simple Booking-C Online Lesson Booking
プラグイン概要 予約フォームで超有名なやつ。公式サイトからダウンロード オンラインスクールのレッスン予約用に開発されたプラグイン。
使用感 該当イベント日「その日」へリンクすることができる。有償版を使えば、予約メールを管理者以外に、企業担当者等メールを複数転送することができる。(無償版はサイト管理者のみ)。 該当イベント「その日」へのリンクは無理っぽい(その「週」へのリンクは可能)。ただし、会社(講師)ごとにユーザ設定できるので、それぞれで管理を分けることができる。

 

●特定の予約日にリンクできるので、見た目にこだわるなら「MTS Simple Booking-C」。
●ユーザごとに分けられるので、管理にこだわるなら「Online Lesson Booking」といったところでしょうか。
(個人的には今回のような場合であれば「Online Lesson Booking」の方が、ややオススメか。)

それでは、下記、それぞれ2つのプラグインでやってみたことをざっくりとご紹介。(プラグインそのものの細かい使い方については、その他解説サイトを合わせてご覧いただければと思います。)

 

 

 

 

 

下記、少々長くなるのですが、要約すると・・・

 

 

 

 

 

 

 

予約フォームを30社なら30個作るだけの話!!!

 

 

 

 

 

 

 

ってことです(白目)

はい、この時点でお察しいただけた方は、以下、お読みにならなくて結構。早速、ご自身で作業を開始してください。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

【事前準備】

プラグインの操作に移る前に。
準備として固定ページで、受付用のテーブルを作っておいてください。

↓ここに、各プラグインで作った予約フォームへ個別にリンクを貼っていく、という流れになります。

 

 

 

それでは、実際プラグインを使って予約フォームを作っていきましょう。

 

【A】Online Lesson Bookingの場合

ぶっちゃけ、やることは【MTS Simple Booking-C】プラグインと一緒です。参加企業(学校)の数だけ、予約フォームを作ります。

Online Lesson Bookingの場合は「ユーザ」を作ります。

あとは「事前準備」のところで作ったテーブルに、各カレンダーにリンクで飛ばせば予約表の出来上がり。

 

▼プラグインインストール

 

※ちなみに、おもいのほか多くのページが追加される

 

▼ユーザを追加する(会社なら会社名、学校なら学校名)

 

▼それをひたすら繰り返す

 

▼ウィジェットに、講師メニューを追加(これで、ログインした講師が操作できるボタンが表示されるようになる)

 

▼各講師(会社/学校)ユーザでログイン⇒HP(表画面の方)に表示された「講師メニュー」⇒「講師用スケジュール編集」

 

▼該当の曜日をクリックで、全選択される

 

 

▼あとは、「事前準備」で作ったテーブルに、カレンダーをリンクするだけ。

 

 

▼週間表示にはなるけど、そこさえ気にしなければ、使い勝手はこっちの方がいいかも

 

 

 


【B】MTS Simple Booking-Cの場合

1)公式サイトからプラグインダウンロード⇒インストール

MTS Simple Booking-C

※お馴染みの流れなので詳細は割愛

 

2)まずは設定をしよう

それではプラグインの設定をしましょう。

 

▼予約パラメータの「予約の受付」にチェック(それ以外は各自おまかせ)

 

▼同じく「施設情報」「予約メール」も各自設定ください

 

 

3)予約品目を作る(30社なら30個)

 

▼予約時間や定員などを設定しよう

で、このページのIDを↓メモしてください。(ここでは124)

固定ページで新規作成して、ショートコードに張り付ければ、A社の申し込み入口は完成。

[monthly_calendar id="ここにID"]

もうお気づきかと思いますが、参加企業が30社(30校)あれば、これを30回個作成します。そう、結論から言うとちから技です。

 

4)スケジュールを設定

イベントの実施日を有効化しましょう。

これはA社の場合です。そうですよ、
30社あれば、たった30回繰り返すだけでOK(白目)

 

5)予約フォームと予約完了ページの作成(全共通)

①予約フォーム

「固定ページ」⇒「新規追加」
わかりやすいタイトルをつけて、スラッグは「booking-form」にします。本文は何も入れなくてOK。

 

②予約完了

「固定ページ」⇒「新規追加」
わかりやすいタイトルをつけて、スラッグは「booking-thanks」にしましょう。こうすることでデータが渡ってきます。
※ここで本文に「ありがとうございました。」とか入れるといいですね。

 

6)リンクを貼って完成

冒頭の「事前準備」で作った表のところに、各社予約のリンクを貼れば、完成。